連休中の登山で注意喚起 スポーツ庁が都道府県教委に

スポーツ庁は、春の大型連休前後の登山事故防止に向けた注意喚起の通知を4月18日、都道府県教委などに出した。天候に関する不適切な判断などに警鐘を鳴らし、登山計画書の提出や万全な計画設定に基づく行動などを促している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。