保育士の奪い合いに懸念の声 待機児童への対策を検討

東京都は4月20日、待機児童解消に向けた緊急対策会議の第2回会合を東京都庁で開いた。千代田区や三鷹市など52自治体が参加。小池百合子東京都知事は冒頭で、「待機児童問題は喫緊の課題であり、最重要課題」「保育士の方への支援を手厚くするのが、保護者の方々への支援につながる」と話した。都有地の活用推進や宿舎借り上げ支援の拡大を行っていく。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。