第9期中教審教育課程部会を開始 新指導要領で意見

第9期中教審は、初等中等教育分科会教育課程部会の第1回会合を4月24日、文科省で開いた。告示された新たな学習指導要領の概要説明などを踏まえ、委員が所感を述べた。委員からは「主体的、対話的で深い学びの捉え方で学校現場に誤解があるのでは」「教師の不安感の払拭を考慮した学校現場への周知の在り方が大事」などといった意見があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。