教員養成の課題や対応策を検討 夏頃に取りまとめへ

文科省の国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議は4月24日、同省で第7回会合を開いた。事務局は、第6回までの意見を踏まえた主な課題と対応策の案を提示。地域との連携や役割の明確化など、主なポイントを4つ挙げたほか、大学や教員、組織・体制の在り方などについて整理した。6月の次回会合で事務局が議論のまとめ案を提示し、夏頃に報告書を取りまとめる予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。