リンさんに献花台 子供連れの保護者など次々

レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)を追悼する献花台が、千葉県松戸市の六実市民センター1階の受付前に、同市によって設けられている。リンさんの両親らがベトナムに一時帰国した4月21日から、四十九日明けまで置かれる。直後の土・日曜日には、リンさんと同年齢前後のわが子を連れた保護者や地域住民らが次々に訪れ、花や飲み物を遺影に手向け、静かに合掌していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。