学外支援員単独で部活動指導 埼玉県が講習会を実施

埼玉県は国に先駆け、学外の指導者が単独で中学校の運動部活動の指導や大会引率を可能にした「運動部活動支援員活用事業」を推進している。4月22日には、平成29年度の同支援員への講習会を実施し、同事業の趣旨説明やより良い部活動指導の在り方などを伝えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。