文科相が中国側発言を訂正 『我が闘争』の教材使用で

松野博一文科相は4月25日の閣議後会見で、日本政府がヒトラーの著作『我が闘争』を学校教育の教材で使うとした中国外交部報道官のコメントについて発言した。中国側のコメントは、事実確認がないままの誤解に基づくものなどと説明。文科省サイトでは、日本政府の立場を正確に示している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。