教職員の留学が増加 行き先1位は2年連続でカナダ

教職員の留学の増加率が前年と比べ34%増だったと、4月25日、㈱留学ジャーナルが同本社で行った「留学白書2017」の調査・分析結果発表会で明らかになった。留学先としてはカナダが2年連続でトップとなり、出発者の割合は大学生が過半を占めて最多だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。