教育の成果を検証し発信 私立大学等の振興でまとめ案

文科省の私立大学等の振興に関する検討会議は4月25日、同省で第14回会合を開いた。事務局が提示した同会議の「議論のまとめ」案では、私立大学振興の方向性について、各大学が教育成果を自ら検証し説明するのが重要と明記。また社会人の学び直しやグローバル化への対応についても、現状を指摘し、求められる対応を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。