人間形成に重要 部活動や外遊び

国立青少年教育振興機構は、青少年の人間形成で、どの時期にどんな体験をするのが重要かを分析する調査研究を進めてきた。その成果を、4月25日に公表した。老若男女を対象に子供の頃の体験活動の質と量と自己肯定感などの関係を調べた。家族行事や地域での友達との外遊び、学校の委員会や部活動を多く経験している人ほど、社会を生き抜く資質・能力が高いなどが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。