検定試験に信頼性と客観性 第三者評価の導入で議論

文科省の検定試験の評価等の在り方に関する調査研究協力者会議は4月27日、同省で第5回会合を開いた。事務局は、検定試験の第三者評価に関する主な論点例を提示。第三者評価の目的を評価の信頼性や客観性の向上とし、対象を民間団体が施するものとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。