教員の勤務時間が増加 平日1日で小43分、中32分

文科省は、平成28年度の教員勤務実態調査の勤務時間に関する速報値を、4月28日に公表した。平成18年度の前回調査と比べ、小・中学校の管理職や教諭などの勤務時間が増加。教諭は1日あたり、小学校で平日43分、土日49分、中学校で平日32分、土日1時間49分増えていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。