宇宙飛行士が子供に向けて発信 いろいろな興味持って

文科省の国際バカロレアを中心としたグローバル人材育成を考える有識者会議は4月28日、同省で第4回会合を開いた。国際バカロレア(IB)経験者として、国際バカロレア資格の後期中等教育課程修了者である星出彰彦JAXA宇宙飛行士が映像で参加。「苦労したことはその後の人生で生かされている」とした上で、IB普及への期待などを語り、IB校で学んでいる子供たちに「将来、何をやるのかを考えながら、自分たちにできることなどいろいろなことに興味を持って進めていってほしい」とメッセージを送った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。