STEM教育を知っている母親15% 重要性を認識

ICT社会で活躍するために、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)分野の理解促進や技術習得を図る「STEM教育」を知っている母親は約15%。その8割以上が「その重要性を感じて」おり、さらにそのうちの約7割が、子供に習い事などをさせて対策を開始している――との結果が、㈱ジャストシステムの「AIとSTEM(ステム)教育に関する意識調査」で明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。