小学生のなりたい職業 男子サッカー選手 女子保育士

特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会は、小学生が将来なりたい職業についての、昨年実施の調査結果をこのほど公表した。男子の1位は「サッカー選手、監督」。女子の1位は「保育士」だった。

調査は、同協会が毎年実施している「小学生『夢をかなえる』作文コンクール」に応募した全国の児童3606人を対象に実施。

トップは、男児では186人が挙げた「サッカー選手、監督」、女児では133人が挙げた「保育士」。

続いて、男児は「野球選手、監督」が148人で2位、「医師」が104人で3位。女児は「医師」が117人で2位、「パティシエール」が110人で3位だった。

以降の順位は、男児が「ゲーム制作関連」71人、「建築士」48人、「バスケットボール選手、コーチ」46人など。「教師」は40人で7位だった。女児は「看護師」96人、「薬剤師」73人、「獣医」70人など。男児と同じく「教師」は7位で69人が挙げていた。

男児は、▽サッカー選手、監督▽野球選手、監督▽医師――が、昨年と同様で人気のトップ3。女児は、この調査で5年ぶりに「保育士」が1位に返り咲いた。