試験時の合理的配慮求める 公認心理師の検討会で

厚労省の公認心理師カリキュラム等検討会は5月10日、都内で第4回会合を開いた。事務局は、「公認心理師カリキュラム等について」の案を提示。公認心理師カリキュラム等検討会ワーキングチームの素案を基に第3回検討会での意見を反映し、大学や大学院での必要な科目、実務経験、公認心理師試験などについてまとめた。委員からは、試験時に障害のある人への合理的配慮を求める声が聞かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。