国語と日本語教育分野で 来年2月の取りまとめ目指す

文化庁の文化審議会国語分科会は5月11日、文科省で第64回会合を開いた。第17期の初会合となり、分科会長に伊東祐郎東京外国語大学大学院教授が選出された。国語に関する調査審議を行う国語課題小委員会と外国人に対する日本語教育に関する調査審議を行う日本語教育小委員会の設置が決まり、来年2月をめどに、両委員会とも審議報告を取りまとめる予定とした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。