3段階の対応をまとめる 青少年の自画撮り被害で

第31期東京都青少年問題協議会第4回児童健全育成部会が5月11日、都庁で開催された。事務局は、これまでの議論などを基に、自画撮り被害の現状や課題、具体的な対応方策などをまとめた答申案を提示。増加し続ける自画撮り被害の現状や課題を説明し、それらを踏まえ、3つの段階に分けた対応策を記した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。