幼保施設での死亡事故は睡眠中が最多 昨年の1年間

内閣府子ども・子育て本部は、幼稚園や保育所、認定こども園などの教育・保育施設で発生した昨年1年間の事故報告の集計結果を、このほど公表した。負傷は862件で、死亡は13件。事故の発生場所は9割近くが施設内。死亡事故の中では、睡眠中が最多だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。