横浜市がいじめ防止基本方針改定へ 対策委の常設も

「横浜市いじめ防止基本方針」の改定素案が5月11日、神奈川県横浜市の関内駅前第一ビルで行われた横浜市教委定例会で提出された。いじめの定義や重大事態について、分かりやすく記述したほか、横浜市の施策として専門家の活用やいじめ防止の取り組みの検証や見直しを、学校の施策として「学校いじめ防止対策委員会」の常設と定期的な開催を盛り込んだ。9月末に改訂版を確定し、10月に各学校へ通知。各区局へ説明や周知を行う予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。