いじめ防止対策推進法で勉強会 自殺生徒の遺族が意見

NPO法人ジェントルハートプロジェクトは、いじめ防止対策推進法施行後の問題点を考える勉強会を東京都千代田区の参議院議員会館で、5月17日に開いた。いじめで自殺した子供の遺族が登壇。第三者調査委員会の調査や人選などの問題を提起し、同法28条にいじめの初動調査の怠慢や隠蔽などで管理職に懲戒処分を加えるのを要望した。この改善から、現場の責任を明らかにした実効性のある対策の実現を訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。