学生は世の中の動きを 半数以上がSNSで

東京工科大学は5月17日、今年度の新入生1730人を対象に実施した、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケートの調査結果を発表した。それによれば、世の中の動きについて情報を得るメディアとして、半数以上の学生がLINEやTwitterなどのSNSを挙げていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。