大学入学共通テストの方針案で議論 英語試験に意見も

文科省の大学入学希望者学力評価テスト(仮称)検討・準備グループは、第10回会合を5月22日に同省で開いた。先に公表された大学入学共通テスト(仮称)の実施方針案を踏まえ、同テストの在り方や課題、準備すべき視点などを話し合った。委員からは、同テストの英語試験を巡るA案、B案への意見や、高大接続の実現に向けた高校教育・大学教育・大学入学者選抜の三位一体改革と新たな大学入試の趣旨を損なわない議論の必要性などが指摘された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。