全国学調の見直し求める声も 21世紀型学びでシンポ

(一社)ティチャーズ・イニシアティブ(代表理事・米倉誠一郎一橋大学特任教授)は5月21日、「先生から変えるニッポンの未来」をテーマにしたシンポジウムを、デジタルハリウッド大学(東京都千代田区)で開催した。常盤木祐一文科省教育制度改革室長が登壇したパネルディスカッションでは、全国学力・学習状況調査の見直しを求める声などが上がった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。