児童発達支援の枠組み示す ガイドラインを大筋了承

児童発達支援ガイドライン案が5月23日、厚労省で開かれた児童発達支援に関するガイドライン策定検討会の第5回会合で、座長一任で大筋了承された。児童発達支援の一定の質を担保する全国共通の枠組みを示し、各事業所に同ガイドラインの内容を踏まえた支援の質の向上を目指す。パブリックコメントを経て、自治体への通知やホームページへの掲載で周知を行っていくという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。