パティシエが味覚の授業 福井県鯖江市の全小学校で

福井県鯖江市は6月、市内の全小学校12校の3年生703人を対象に、パティシエなどを講師に招いて「味覚の授業」を実施する。同市が取り組む食育推進計画「元気さばえ食育推進プラン」の一環で、子供たちに味の基本である苦味、甘味、酸味、旨味、塩味の5つを教えながら、食の持つ楽しさやおいしさを伝える。子供たちが五感を生かして食に向き合い、関心を深めるきっかけとなるように続けてきた特別授業である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。