市のいじめ自殺第三者調査に異議 遺族が中立性などで

いじめでわが子を自死で亡くした保護者が5月29日、茨城県取手市教委の第三者調査委員会によるいじめ調査への異議を訴え、同委員会の解散と調査の中止を求める申し入れ書を、同市教委に提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。