絵に込められた心を知る アートセラピーで研修会

宮城県子ども総合センターは、アートセラピー研修会「絵で再生する子どもの心~未来に生きる力」を、8月7日に大崎市、31日に名取市で開催する。同県が平成23年に立ち上げた「子どもの心のケア推進事業」の一環。教職員が画材を用いた表現活動を通して、子供の絵に込められた心のメッセージを受け止め、絵を介した対話や関わり方を学ぶ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。