中学生が将来を考えるきっかけに 生命保険の作文で

(公財)生命保険文化センターは、生命保険をテーマにした「第55回中学生作文コンクール」を実施するに当たり、作文を9月8日まで募集する。文科省、金融庁、全日中が後援し、(一社)生命保険協会の協賛で行われる。作文を通じて、中学生が「将来の夢や目標」「わが家の生活設計」などに目を向け、気付き、超高齢社会や将来の社会保障制度などについて考える機会になるのを目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。