子育てに悩む保護者を支援 講座でサポーターを養成

宮城県教委が「子育てサポーター養成講座」を行う。サポーターは、子供の生活習慣やしつけなどに悩む保護者を、地域ぐるみで応援するボランティア。主に、幼児や小・中学生の子供がいる保護者からの相談に、友人のような関係で気軽に応じ、アドバイスする。養成講座では、そうした人材の育成を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。