骨太の基本方針で素案 教育へのアクセス向上図る

政府は6月2日、第9回の経済財政諮問会議を開き、「経済財政運営と改革の基本方針2017(仮称)」(素案)を取りまとめ、安倍晋三内閣総理大臣に提出した。この骨太方針では、働き方改革と人材投資を通じた生涯現役社会の実現を視野に、人材投資の抜本強化や教育の質の向上が打ち出されている。教育へのアクセス向上策として、幼児教育の段階的無償化や高等教育の進学を確実に後押しするための給付型奨学金制度などの円滑な実施、教員の長時間勤務の早急な是正に向けた緊急対策などを、年末までをめどにまとめるとしている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。