奨学金を借りる院生 5人に1人が生活苦しい

全国大学生活協同組合連合会はこのほど、大学院生の生活実態を明らかにする「第9回全国院生生活実態調査」の結果を公表した。奨学金を借りる院生は減少していたが、借りている院生のうち3人に2人が返済に不安を抱いているのが分かった。このほか、5人に1人が「生活が苦しい」と回答していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。