独自にオリパラ教材 競技や文化を身近に感じる構成

東京都品川区は、区独自のオリンピック・パラリンピック学習教材「ようい、ドン! しながわ」をこのほど作成した。区内全域で小中一貫教育を行っている同区の、小学校高学年から中学生にあたる5年生から9年生までの児童生徒に配布。1964年開催のオリンピック・パラリンピック東京大会と同区との関連資料などを盛り込み、子供たちが2020年の東京大会に興味を持ち、オリパラ競技や世界各国の文化などへの理解が深められるよう配慮されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。