28年度ものづくり白書 課題解決学習の充実など提言

文科、経産、厚労の3省共同で作成した平成28年度版「ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)の報告書が6月6日、閣議決定され、公表された。ものづくりの基盤を支える教育と研究開発として、超スマート社会の到来に向けた優れた人材育成と教育、文化基盤の充実策を提言。課題解決型学習などの実践的教育の拡充や、理数好きな子供の裾野の拡大、小・中・高校の理数教育とプログラミング教育の充実などが挙げられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。