高校中退防止対策は1年次の1学期に 意識変容を分析

国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センターは、高校中退者と非中退者の高校3年間の意識変容を比較分析し、高校の中退防止に役立てるための研究報告書を6月7日に公表した。調査で統計的有意差が認められた7項目の平均値を比較したところ、中退防止策は高1の1学期が狙い目であるのが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。