消費者教育の指針見直す 来年度末の改訂版完成目指す

文科省の第1回消費者教育推進委員会が6月8日、同省で開催された。学校・家庭・地域での消費者教育の推進や「連携・協働による消費者教育推進事業」に関する内容を検討。平成23年3月に作成された「大学等及び社会教育における消費者教育の指針」の見直しなどを行っていく。同指針は、30年度3月に改訂版の完成を目指す。西村隆男横浜国立大学名誉教授が委員長を務める。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。