小・中学校の4割が空調設置 全校種が前回調査比増

文科省は6月9日、公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果を発表した。今年4月1日現在で、公立小・中学校の普通教室・特別教室の空調設置率は4割となり、前回調査から増加。幼稚園や高校、特別支援学校でも増加した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。