へき地校の交流学習と特支研究に助成金 みずほ財団

(公財)みずほ教育福祉財団(森信博理事長)は6月9日、今年度のへき地教育研究(交流学習2年目継続)と、特別支援教育研究の助成金贈呈式を都内で開いた。へき地教育研究助成は、へき地校が都市部の大規模校や環境の異なる学校と交流する実践を支援。初年度助成校の中から、新潟県上越市立牧小学校、福島県只見町立朝日小学校、沖縄県竹富町立竹富中学校の3校に、2年目継続助成金が40万円ずつ贈られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。