来年度の学力調査を検討 12月に実施要領の策定目指す

文科省の全国的な学力調査に関する専門家会議は6月12日、同省で今期の初会合を開いた。来年4月17日に実施予定の平成30年度全国学力・学習状況調査の本体調査や英語予備調査に向けて、12月には実施要領策定を目指す。座長は、耳塚寬明お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系教授。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。