子供の自殺予防策強化を 夏休み明け前後に着目

文科省は、夏休み明け前後に急増する傾向がある児童生徒の自殺予防に向けた取り組みの強化を、都道府県教委などにこのほど通知で依頼した。学校でのアンケートなどによる子供の悩みを受け止める体制や、いじめ、不登校の早期発見を、長期休みの前から推進するなどを求めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。