日本語教育人材を検討 2つのWGを同時開催

文化庁の文化審議会国語分科会日本語教育小委員会は6月12日、①外国人児童生徒を対象とする日本語教育人材の養成・研修に関するワーキンググループ②活動分野別の日本語教育人材の養成・研修に関するワーキンググループ――の2つのワーキンググループ(WG)の第1回会合を開いた。座長は、①が石井恵理子東京女子大学教授、②が金田智子学習院大学教授。同WGは今後とも、同時開催で進めていく。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。