千葉の保育士「辞めたい」2割 低賃金・長時間労働で

千葉県による保育士実態調査によると、現任保育士の19.4%が退職を考えており、その理由に挙げた最多は「給料が安い」だった。また有資格者だが保育士として働いていない「潜在保育士」のうち、6割以上が、雇用条件が改善されれば保育士として就業する意向があると回答していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。