中1の半数が小学校英語役立たない 話す・聞くで打開

ベネッセ教育総合研究所が実施した「中1生の英語学習に関する調査」によれば、自分が小学校6年生のときには8割以上が「小学校英語は中学校で役立つ」と期待していたのに、中学校1年生の終わりには、役立つと回答したのはおよそ30ポイントも減っていた。また小学校英語が役立つと感じている中1は、そうでない中1に比べて、英語で「話す」「聞く」活動を多く行っていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。