無意識に英語のリスニング力向上 脳波利用開発し成功

大阪大学情報科学研究科と、国立研究開発法人情報通信研究機構脳情報通信融合研究センターは、北海道大学と共同で、無意識に英単語のリスニング能力を向上できる「ニューロフィードバック技術」の開発に成功した。音の違いに対して反応する脳の活動(MMN=Mismatch Negativity)を強化すると、無意識でもRとLが聞き分けられるようになるという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。