貧困児童の学習支援で 東京都品川区と学芸大が協定

東京都品川区と東京学芸大学は、「国立大学法人東京学芸大学と品川区との連携協力に関する協定書」に、このほど調印した。同区立学校に通う経済的困難世帯の小学校6年生を対象に、同学の学生による学習支援を行う。希望者には、4人を上限に、同学附属竹早中学校への進路選択の機会を設ける。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。