教職課程コアカリに懸念 教員養成関係者らがシンポ

緊急シンポジウム「教職課程コアカリキュラム案のどこが問題か?―パブリックコメント提出に向けた論点整理のために」が6月14日、東京都千代田区の上智大学四谷キャンパスで開かれた。文科省の教職課程コアカリキュラムの在り方に関する検討会がまとめ、パブリックコメントが6月25日まで募られている「教職課程コアカリキュラム案」を巡り、同案に懸念を抱く教員養成関係者や有識者らによって開催。150人ほどが参加した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。