教育勅語の教材使用で声明 日本教育学会など17団体で

日本教育学会など教育関連17学会は、教育勅語の教材としての使用容認問題について6月16日、文科省で記者会見し、共同声明を出した。教育勅語は歴史的資料として批判的にしか使用できないもので、普遍的価値を含むものとして肯定的に扱う余地は全くないと指摘した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。