学校業務改善アドバイザー第1回会合 情報を共有

学校現場の業務改善への助言や支援を行う「学校業務改善アドバイザー」の第1回ミーティングが6月19日、文科省で開かれた。元校長や、教委、民間など幅広い分野の21人が集まり、情報共有や意見交換を行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。