微量の鶏卵で発症予防 小児アレルギー学会が提言

日本小児アレルギー学会(藤澤隆夫理事長)の食物アレルギー委員会(海老澤元宏委員長)は、鶏卵アレルギー発症予防に関する提言を、医療関係者向けにこのほど発表した。乳児に微量の鶏卵を食べさせると、卵アレルギーの発症予防になるとした。しかし、すでに発症している場合などは極めて危険なため、必ず専門医に相談し、医師の管理下で行うよう強調している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。