少子化社会対策白書 放課後対策など充実

内閣府は、平成28年度の「少子化の状況及び少子化への対処施策の概況」(少子化社会対策白書)をこのほどまとめ、公表した。共働き家庭が直面する「小1の壁」の打破を踏まえた放課後児童クラブや放課後子供教室の充実、教育費負担の軽減策としての児童手当や高校生への修学支援などを取り上げている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。